【ぽちゃジャニ】桐山照史のプロフィールは?恋愛観も|ジャニーズWEST

関西出身の大人気アイドルグループ、ジャニーズWEST。

今回は、ジャニーズWESTのお兄ちゃん的存在・桐山照史さんのプロフィールを隅々までご紹介します。

目次

桐山照史のプロフィール

ジャニーズWESTの桐山照史さんの魅力に迫る前に、まずは主なプロフィールを以下の表にまとめました。

名前 桐山 照史 (きりやま あきと)
愛称 照史、照史くん、てるし
メンバーカラー 橙(オレンジ)
生年月日 1989年8月31日 (乙女座)
血液型 A型
身長 173cm
出身地 大阪府
入所日 2002年7月13日
家族構成 父、母、気に、犬(フレンチブルドッグ)
趣味 スキューバーダイビング、ダイエット

桐山照史ってどんな人?

頼れる兄貴肌

桐山さんは、ジャニーズWESTの中で年長組。メンバーからの信頼も厚い、兄貴的な存在です。(ちなみに、実際は4歳上のお兄さんがいるそうです。)

人懐っこい性格で、周囲を明るくするグループの大黒柱的な存在です。また、桐山さんは笑い方がかなり独特で、一度聞いたら忘れられないほどです。

また、とても器用で、料理や絵が上手であるという一面も。

歌唱力が高く、グループを引っ張る存在です。

 

さらに、桐山さんは資格を所有しているほどのスキューバーダイビング好き。メンバーを連れて海に行くこともあるそう。

それに伴って、ファンの間では沖縄好きであることも有名。飼っている黒いフレンチブルドッグに「シーサー」と名付けるほどなのです。

趣味はダイエット、特技はリバウンド?!


桐山さんは、ジャニーズアイドルには珍しいぽっちゃり体型。そのがっちりした体型から、メンバーやファンから「親方」といじられることも多々あります。

桐山さんのキャッチフレーズは、「趣味はダイエット、特技はリバウンド」

しかし、ファンの間ではその愛らしい体型もチャームポイントとして大人気。桐山さんが「痩せようかな」と発言すれば、「痩せないで」「今のままがいい」などの声が数多く上がるほどなのです。

コンサートでは、「今日も元気に豚足ピース」というお決まりのコール&レスポンスでファンを盛り上げています。

トーク力がキレキレ


桐山さんは、関西仕込みのキレキレなトーク力でも注目されています。

 

「ヒルナンデス!(日本テレビ系)」では、木曜レギュラーとして毎週出演しています。(ジャニーズWESTからは、中間淳太さんも出演しています)

また、ラジオ番組の「レコメン!(文化放送)」でも、毎週木曜日に中間淳太さんと2人でレギュラー出演しています。この番組は、22時から25時までの、なんと3時間生放送。毎週、語り倒し・笑い倒しの番組を届けてくれています。大人なトークになることも。

さらに、「ジャニーズWESTの男前をめざせ!(ABCラジオ)」でもそのトーク力を遺憾なく発揮。桐山さんがメインパーソナリティを務め、毎月1人ずつジャニーズWESTのメンバーが交代でゲストに来るという構成で番組が作られています。

 

明るい性格、独特な笑い声、ボケもツッコミも出来て、MCでは話を回す中心的な存在。

バラエティに持ってこいな逸材ジャニーズなのです。

弱さを強さに変えるエンターテイナー

明るい性格の桐山さんですが、その反面、繊細な心の持ち主なのです。

メンバーの中でも付き合いの長い中間淳太さんも、桐山さんについて「彼の心には少女が住んでる」などと言っています。

桐山さんも、自分のことを「心配性」であると言っています。

デビュー前、他のジャニーズJr.が仕事に呼ばれて自分が呼ばれないと、「なんでなん」と、とても考え込んでしまっていたのだとか。

過去には過労やストレスで、入院をしたり難聴を引き起こしたことも。責任感によるプレッシャーと戦っていた時期もあるそうです。

 

しかし、どんな時でも、暗闇の中で光を見つけてきた桐山さん。「桐山照史という人間は、笑ってなきゃいけない」と自分を鼓舞し、全力で戦っていました。

桐山さんは、「出来ない」と思ったら落ち込んでしまうのではなく、逆にその状況を楽しむ人。マイナスに向かうのではなく、「絶対、できるようになってやる」と活力に変えるようにしているのだとか。

「自分ができない」という状況に対し、「意味がわからない」「許せない」と感じるストイックさも持ち合わせています。弱さを強さに変えるとても逞しい人なのです。

経歴

入所のきっかけ

桐山さんの入所日は2002年7月13日。現在同じジャニーズWESTのメンバーとして活動している濵田崇裕さんが入所しています。


小学6年生の夏、桐山さんはジャニーズ事務所に自ら履歴書を送ります。

実は、桐山さんは保育園を卒園する頃、母親の勧めでダンス教室に通い始めています。当時は、「ダンス!?それ美味しい?」くらいの認識だったそうですが、人とは違うことをできることに喜びを感じたそうです。

その後、小学3年生の頃には「絶対に芸能界に入る」と決めていたといいます。その思いに火がついたきっかけは、当時の担任の先生との会話にありました。

桐山少年が担任の先生に「SMAPに入りたい」と伝えると、先生に「照史じゃムリだよ」と冗談交じりにはぐらかされてしまいます。

真剣だったゆえに、その反応にカチンときたそうなのです。その時、「芸能界に入りたい」「芸能界に入れたら」ではなく、「入る」「絶対なったる」と決意したのだといいます。

 

履歴書を送ったのち、音沙汰がないまま1年ほどが過ぎてしまいます。しかし、中学生になった頃、ついにオーディションに呼ばれます。そのオーディションのエピソードにも、なかなか衝撃的な裏話が。

「僕、モヒカンで行ったんです」

小学校のときから大人に混ざってダンスをやっていた影響で、周囲の大人の髪型を真似していたのだそうです。また、それに加えて、中学校に入学した際に「なめられたらあかん」という思いもあったのだとか。思春期真っ盛りな、なんとも可愛いエピソードです。

入所後の活動

桐山さんは入所後、2004年から現在同じジャニーズWESTとして活動している中間淳太さんと、現在はジャニーズ事務所を退所している丸山紘史さんと「B.A.D.」と言うユニットを組みます。

その後、桐山さんと中間さんの2人組に再構成され、関西ジャニーズJr.を引っ張っていく存在へとなっていきました。

 

そして、約12年の下積みを経て、2014年4月23日にジャニーズWESTのメンバーとして見事CDデビューを果たします。デビューシングルの「ええじゃないか」は、初週で26.2万枚を売り上げ、週間ランキングで見事1位を獲得しました。

辞めようと思った時期も


長い下積み時代を送っていきた桐山さん。デビューまでの約12年間の間には、何度も辞めようと思った時期があったそうです。しかし、タイミング良く新たに舞い込む仕事が、桐山さんを毎回引き止めていたのです。

 

「このライブに出たら、もう辞めよう」と考えていたコンサートがあったそうです。しかし、そのコンサートを観に来ていた『ごくせん』のプロデューサーの目に留まります。その後に行われたオーディションの末、桐山さんは『ごくせん』への出演を勝ち取るのです。

また、ある時は、ぼんやり「そろそろ限界かな」と考えていた時期が。その時も、ドラマ『流れ星』の出演が決まったのです。

最後にもうやめようと思った時には、ついにデビューが決まったのだといいます。

 

「仕事」に引き止められていた桐山さん。辞めてはいけないと、芸能の神様が桐山さんを引き止めていたのかもしれませんね。

出演作品

桐山さんが、ジャニーズ事務所に入所してから現在までに出演した作品をご紹介します。

出演作品一覧

ドラマ

  • ごくせん 第3シリーズ(2008年、日本テレビ)倉木悟 役
  • ごくせん 第3シリーズ 卒業スペシャル(2009年、日本テレビ)倉木悟 役
  • DRAMATIC-J『B.A.D.なふたり』(2008年、関西テレビ)桐山タカ 役
  • DRAMADA-J『未来はボクらの手の中に』(2009年、関西テレビ)深見恭平 役
  • 誰も知らないJ学園『学校の階段』(2010年、関西テレビ)武田幸助 役
  • 流れ星(2010年、フジテレビ)沢村涼太 役
  • 新春歴史スペシャル『知られざる幕末の志士 山田顕義物語』(2012年、毎日放送)高杉晋作 役
  • ダーティ・ママ! 第6話(2012年、日本テレビ)畠山穰 役
  • 鍵のかかった部屋 第6話(2012年、フジテレビ)井岡祐樹 役
  • ピロートーク〜ベッドの思惑〜 第6話(2012年、関西テレビ)南川康平 役
  • シニカレ(2012年、NOTTV)如月弘樹 役
  • 真夜中のパン屋さん(2013年、NHK BSプレミアム)柳弘基 役
  • 阪神・淡路大震災20年 ドラマ『二十歳と一匹』(2015年、NHK)谷本空雄 役
  • 連続テレビ小説『あさが来た』第52話~第155話(2015年、NHK)白岡榮三郎 役
  • あさが来たスピンオフ『割れ鍋にとじ蓋』(2016年、NHK BSプレミアム)白岡榮三郎 役
  • HOPE〜期待ゼロの新入社員〜(2016年、フジテレビ)人見将吾 役
  • 炎の転校生 REBORN(2017年、Netflix)キリヤマ駆 役
  • FNS27時間テレビスペシャルドラマ『私たちの薩長同盟』(2017年、フジテレビ)坂本龍馬 役
  • FNS27時間テレビスペシャルドラマ『英傑たちの肉食のすゝめ』(2018年、フジテレビ)福沢諭吉 役

映画

  • ごくせん THE MOVIE(2009年)倉木悟 役
  • 関西ジャニーズJr.の京都太秦行進曲(2013年)佐山輝之進 役
  • 忍ジャニ参上! 未来への戦い(2014年)ライト 役

舞台

  • ビューティフル・サンデイ(2012年)浩樹 役
  • ブラッドブラザース(2015年)ミッキー 役
  • アマデウス(2017年)モーツァルト 役
  • 音楽劇 マリウス(2018年)マリウス 役
  • ライオンのあとで(2018年)デヌーセ 役

※ジャニーズ舞台は省略しています

どれから見る?

舞台にも数多く出演されている桐山さん。2018年の『ライオンのあとで』は、黒柳徹子さんが長く続けてきたシリーズ舞台です。

出演作品の数々が、演技が高く評価されている証拠とも言えます。

 

最初に見るなら、ドラマ『ごくせん』『流れ星』がおすすめです。

『ごくせん』は、嵐の松本潤さんやKAT-TUNの亀梨和也さんも出演してきた、大人気学園ドラマです。この作品は、桐山さんに注目が集まるきっかけとなった作品と言っても過言ではありません。

また、『流れ星』は、竹野内豊さんと上戸彩さんが主演のドラマです。当時ジャニーズJr.ながら、圧巻の演技で病気の男の子を見事に演じています。切なさも満載。役者・桐山照史の走り出しの作品と言っても過言ではありません。

『ライオンのあとで』公式HP http://www.parco-play.com/web/play/afterthelions/
『ごくせん』公式HP http://www.ntv.co.jp/gokusen/
『流れ星』フジテレビHP https://www.fujitv.co.jp/b_hp/nagareboshi/

気になる恋愛観は?


アイドルを応援するときにどうしても気になってしまうもの、「恋愛」について。本記事でも、桐山さんの恋愛観について迫っていきます。

好きな女性のタイプ

料理ができる人。おしゃれなものよりも、普通の家庭料理がいい。

初デートでどこに行きたい?

海沿い。海が好きだから。

初デートの後に届いたら嬉しいメール

「また次も行きたい」。次につながるような内容。

甘えたい?甘えられたい?

甘えられたい。

尽くす?

尽くす。追われるよりも、追いたい。

メール派?電話派?

メール。(一応どちらも好き)

女の子に作ってもらえたら嬉しい料理

家庭的なもの。カレーなど。

彼女をなんと呼びたい?

下の名前を呼び捨て。

彼女からなんと呼ばれたい?

苗字以外。

好きな人が同じ会社にいたとしたらどうする?

好き好きアピールが強い。話しかけたり、数人で昼食に誘う。

女性に言われると嬉しいこと

「頼りになる」

女性の好きなファッション

パンツスタイル

異性で目がいく場所

グロスを塗っている感じの唇

恋人になった際の特典

①色々なところへ行ける②食通になれる③サプライズが多い

今回は、過去の雑誌のインタビューやラジオ番組での発言、「WEST文庫」の一問一答などを参考にしています。

まとめ

「一緒に何かを楽しみたい」。そんな気持ちで、いつもファンを楽しませ続けている桐山さん。

笑い方が豪快でいつも明るく、近所のお兄ちゃんのようなとても温かい存在です。

バラエティから演技まで、幅広く活躍する桐山さん。これからも、親方・桐山照史さんから目が離せませんね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる