ジャニオタ

【永遠の議題】DDの意味は?DDってどうなの?徹底解説|ジャニオタ用語

「DD」という言葉をご存知ですか?

ジャニーズのファンのことを「ジャニオタ」と言いますが、「DD」はジャニオタの間でよく使われている言葉です。

今回の記事では、「DD」の意味や使い方を詳しく解説します。

「DD」の意味

「DD」は、ジャニオタ用語のひとつで「誰でも大好き」の略です。つまり、担当を複数持っている人のことを指します。

言い換えるならば、「掛け持ち」をしている人のことです。

しかし、「掛け持ち」と「DD」はどちらも担当が複数いることですが、それぞれの言葉が持つニュアンスはわずかに異なっています。

 

「掛け持ち」とは、単に複数の担当を持っていることです。一方で「DD」とは、見境なく誰でも好きになるファンに対して皮肉を込めて言う表現なのです。

掛け持ちを増やしすぎると、「DD」という見方をされてしまうと言えます。

また、「DD」という言葉は、ジャニーズ界隈だけでなくアイドル業界全般において使われているようです。

担当:自分が応援しているジャニーズタレントを指す言葉

あわせて読みたい
【完全版】ジャニオタ用語集|みんなが使ってるあれってどういう意味?ジャニーズのファンのことを「ジャニオタ」と言いますが、ジャニオタには多くの専門用語があります。 今回は、基本的なジャニオタ用語から...

「DD」の使い方

「DD」は、以下のように使われます。

「あの子『しげじゅん担』って言ってたけど、セクゾにもキンプリにも担当いるらしいよ。ただのDDじゃん。」

このように、他のジャニオタさんをけなす時に使われることが多い言葉です。

「DD」ってどうなの?

「DD」は、見る人によってはあまり快く思われません。それは恐らく、それぞれのファンの中で「好き」のこだわりがあるからでしょう。

ここで少し、真面目に身近な例で考えてみましょう。

例えば、自分に好きな男性がいたとします。ある女友達が、その男性のことを指して「〇〇くんってカッコいいよね。付き合いたいタイプだな」と言ったとします。続けて、「××君も違うタイプでいいよね、好きだなー」「△△君も良い」と発言したとします。

こう言われると、「誰でもいいんじゃん」という印象を受けませんか?

もちろん、タレントとファンの関係と、身近な男性と自分の距離感や関係性は明らかに異なります。ですが、ファンはそれぞれ無意識のうちにこだわりを持って応援しているので、誰彼構わず好きと言われるとあまり良い気はしないのでしょう。

時々、片面ずつ別のタレントの名前が書かれているうちわをコンサート会場に持ち込んでいる方もいますが、それは少し注意が必要です。人によっては「誰からも構ってもらおうとしている」という印象を与えかねません。

そのようなうちわや、複数のタレントのうちわを持ち込むことは控えた方が無難でしょう。

なぜ「DD」になるのか?


まず、一つの要因として考えられるのはファン歴が浅いことです。

興味を持って間もない時期は、自分自身の関心が誰に向くのかがまだ定まっていないことがあります。そのため、DDや掛け持ち状態になることがあります。

まとめ

応援する気持ちや、表現の仕方はそれぞれの自由です。自分の好きなように、自由に楽しく応援することに対して誰も横槍を入れる権利はありません。

そうは言っても、「郷に入れば郷に従え」という言葉があるように、その界隈のご法度やタブーを知っておくことも大切です。ある程度の界隈の常識を理解した上で、自分自身はどう行動するのかを判断することが重要です。