Sexy Zone【デビュー日・曲】歌詞パートなど紹介!

Sexy Zoneは、歴代ジャニーズ、最年少デビューしたことで有名です。

なんと今年デビュー10周年を迎える大きな節目でもあります。

10年経った現在は、セクシーという言葉が、ピッタリな男性になりました。

今回は、輝かしくデビューした当時のSexy Zoneについて、結成日や当時の年齢、歌詞パートなどを紹介します。

目次

Sexy Zoneデビュー日・結成日

Sexy Zone【デビュー日・曲】歌詞パートなど紹介!CD発売日の11月16日に、Sexy Zoneは、デビューしました。

丸の内帝国議会で、CDデビューの記者会見を開催し、2011年9月26日に「Sexy Zone」のグループを結成。

歴代のジャニーズで、最年少デビューを果たしました。

Sexy Zone デビュー曲

Sexy Zone【デビュー日・曲】歌詞パートなど紹介!Sexy Zoneのデビュー曲「Sexy Zone」は、2011年11月16日に、ポニーキャニオンから、リリースしました。

ワールドカップ2011年の、テーマソングとして、起用されたことで有名です。

オリコンチャート1位を獲得し、17万3,000枚を売上げた大ヒット曲です。

Sexy Zoneの作曲を手がけたのは、ジャニーズと縁の深い、作曲家の馬飼野 康二さんです。

馬飼さんは、嵐など歴代ジャニーズの、デビュー曲を多く手がけています。

Sexy Zone デビュー曲の歌詞

Sexy Zone【デビュー日・曲】歌詞パートなど紹介!Sexy Zoneデビュー曲の歌詞で、気になる部分も多いかと思います。

「セリフ部分は誰が歌っているのか?」紹介していきます。

歌詞にあるセリフのタイミング

佐藤勝利くんは、曲の途中で「Sexy Rose」という、セリフのパートがあります。

セリフのタイミングは、2番目の歌詞「どうすれば夢は叶うのかな?信じて明日へ歩き出す」の後になります。

バラを持ちながら、甘いセリフを言う勝利くんに、胸キュンするファンも多いようです。

Sexy Zone デビュー当時 年齢

Sexy Zone【デビュー日・曲】歌詞パートなど紹介!Sexy Zone、デビュー年齢と、当時の学年を紹介します。

メンバー名 学年 年齢
中島健人 高校3年生 17歳
菊池風磨 高校2年生 16歳
佐藤勝利 中学3年生 15歳
松島聡 中学2年生 13歳
マリウス葉 小学6年生 11歳

最年長は、中島健人くん、最年少はマリウス葉くんです。

Sexy Zoneの平均年齢は、14.4歳でした。

歴代の中で、最も若いデビュー年齢のグループは、Sexy Zoneです。

メンバーのマリウスくんは、ジャニーズ史上、最も若いデビューになりました!

Sexy Zoneデビューまでの道のり

Sexy Zone【デビュー日・曲】歌詞パートなど紹介!Sexy Zoneになるまでの、エピソードを一人ひとり紹介していきます。

中島健人

ジャニーズを目指すきっかけは、ドラマ「青春アミーゴ」です。

X’masプレゼントに、修二と彰のCDをもらい、2人のカッコよさに憧れて、ジャニーズを意識するようになりました。

この頃は、ジャニーズの応募を断念してしまい、2年の月日が経ちました。

健人くんは中学2年生になり、同い年のHey! Say! JUMPメンバー山田涼介くんが、デビューしたことに、焦りを感じて事務所に応募したそうです。

オーディションは無事に受かり、ジャニーズの仲間入りを果たしました。

入所のあと押しになったのは、山田くんのおかげかも知れませんね。

菊池風磨

ジャニーズ入所の理由には「嵐になりたい」、「なにか打ち込めるものをしたい」という2つの思いが関係しています。

小さい頃から「嵐になること」に憧れを抱いていました。

風磨くんの父親である菊池常利さんは、嵐のデビュー曲「A・RA・SHI」の作詞を担当しています。

小さな頃から風磨くんにとって、嵐は身近な存在だったようです。

中学に入り、部活も長続きせず、当時の風磨くんは悩んでいました。

「なにか打ち込めるものがほしい」という思いが強くなり、ジャニーズ事務所に応募。

履歴書をジャニーズ事務所へ送り、中学2年生の時に入所することができました。

佐藤勝利

ジャニーズに入所するキッカケには、お母さんが関係しているようです。

勝利くんは、ジャニーズのオーディションを受ける前に、芸能事務所にスカウトされていたそうです。

お母さんは、ジャニーズのオーディション話を持ちかけ、勝利くんは軽いノリでOK。

オーディションに通ると、勝利くんの誕生日と重なり、事務所へ行くことを、嫌がっていたそうです。

大好物の親子丼を食べさせるという条件で、会場に迎い、無事に合格しました

親子でオーディションに、勝利できた「親子丼」は、ゲン担ぎ飯にピッタリですよね!

勝利くんの、縁起飯といっても、過言ではないです。

松島聡

ジャニーズの入所キッカケは、Hey! Say! JUMPメンバーの知念侑李です。

当時、「NIN×NIN忍者ハットリくんTHE movie」の映画で知念くんを見て、ジャニーズを意識するようになりました。

小学5年生のころに、履歴書を送ったものの、返事はなく、断念してしまいます。

「ジャニーズに入りたい!」気持ちを手紙に込めて、もう一度、書類を送ると熱意が伝わり、中学1年生で入所することができました。

知念くんと同じ静岡県の出身で、共通点も多く、プライベートでも仲良しです。

聡くんを食事に連れていったり、知念くんは、頼りになるお兄さん的な存在のようです。

マリウス葉

SMAPに憧れて、ジャニーズを目指すキッカケになりました。

小さい頃に、SMAPのコンサートを見て、ジャニーズに興味をもつようになります。

マリウスくんは、ドイツ出身で現地から、ジャニーズ事務所に応募しました。

履歴書を見たジャニー喜多川さん本人に電話をいただき、入所が決まりました。

マリウスくんのお母さんは、元宝塚の出身で、6歳の頃からダンスを始めています。

キレのある動きと、整った顔立ちは、お母さん譲りのようです。

Sexy Zoneまとめ

Sexy Zone【デビュー日・曲】歌詞パートなど紹介!

  • 【デビュー日】2011年11月16日
  • 【結成日】2011年9月26日
  • 【デビュー曲】オリコンチャート1位
  • デビュー年齢の平均:14.4歳
  • デビュー年齢【中島健人:17歳、菊池風磨:16歳、佐藤勝利:15歳、松島聡:13歳、マリウス葉:11歳】

今回は、Sexy Zoneのデビューについて紹介しました。

歴代ジャニーズでは、最年少のデビューを飾り、なんと今年でデビュー10周年を迎えます。

当時の可愛らしいイメージから、大人の魅力が加わった「Sexy Zone」から目が離せません!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる